2004年7月アーカイブ

1
丸又市場からのお便りNo.18

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆◇◆みなさまに焼津の『元気!』をお届けします◆◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○こんにちは。丸又市場の鈴木です。

あちこちで夏祭りが行われています。浴衣姿に下駄に団扇・・。夏ならではの日本の風物詩ですね。
皆様の町の「夏祭り」はどんなお祭りでしょうか?


======目次==============================================
1:焼津下町情報<焼津荒祭り>
2:おいしく食べましょう<バーベキュー・竹輪の串焼き>
3:おすすめ!です<磯の華>
--------------------------------------------------------------



1:焼津下町情報~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*焼津荒祭り*


8月が近づくと、焼津っ子たちはなんとなくそわそわしてきます。8月12日13日は「東海一の荒祭(あらまつり)」といわれる焼津神社大祭『焼津荒祭(あらまつり)』が行われるからです。
お祭り好きの私もなんとなく気持ちが落ち着かなくなり、わくわくしてきます。

焼津市のほぼ中央にある「焼津神社」は本殿に「日本武尊(やまとたけるのみこと)」を祀(まつ)り、西暦409年の創建と伝えられている歴史のある神社です。

漁業の町焼津は海に対しての信仰が厚く、この「荒祭」も、漁業に携わる者の信仰から来ている、ともいわれ、神事の中に、海や魚に関わるものがいくつかあります。

どこの地方でも、若者達が都会に出て、地元を離れがちですが、この「荒祭」の時だけは多くの若者が帰省し、町がにぎやかになります。
真っ白な白装束に身を包み「アンエットン」の掛け声で神輿(みこし)を担ぐ姿は、神と一体になっているような気がします。

この祭りの間の神事はとても沢山で、全ての説明がしきれないほどなので、今回は、子供の頃からなじんでいるいくつかをご紹介します。

『幟(のぼり)かつぎ祈祷』と『神ころがし』生後初めての年から、3年間「奉納焼津神社」幟をかつぎ、子供の健やかな成長を願い祈祷します。祈祷の後、拝殿前で二人の神社総代の間に横たわり、胸と背中を支えられ、上下に動かしながら子供の体を回転させます。
大きな声で泣く子ほど元気に育つと言われていますが、びっくりして声もでなくて、終わってから大泣きする子もいます。

12日にはこの他、町幌や浜禊斎(はまけっさい)などが行われ、夜になると神社拝殿にて「御神楽祭(おかぐらさい)」が行われます。
御笛(おふえ)の音が清らかに流れる中、翌日の御神幸祭に奉仕する主な神役が、最後の清めを受けます。

13日には早朝より、神事が行われ、御遷座祭(ごせんざさい)といい、宮司の手により御神体(ごしんたい)が神輿に移されます。不思議なことに、この瞬間から、神輿が重くなるといわれています。

8時半の煙火を合図に行列の先頭、太鼓が神社を出発します。その後を、御獅子(雄)、御獅子(雌)の無形文化財の獅子木遣り(ししきやり)、警固(けいご)など、多くの役が続いていきます。
行列中央には通称「おめんさん」と呼ばれる、重要な役目を持つ「猿田彦(さるたひこ)」そして、御神体を乗せた金の巴紋が入った神輿と銀の巴紋が入った神輿に続き行列の花形、御神子(いちっこ)御供捧(おんくささげ)、流鏑馬(やぶさめ)が町を練り歩きます。

行列の中でも「猿田彦」は特別な存在で神の道しるべと言われ、役を与えられた青年は八月一日より神社社務所内に寝泊りし、毎日浜に出て、禊ぎを行い、神社で賄われた食べ物だけを食し体を清めていきます。祭り当日、社宝である「天下一出目右満作」の銘を持つ面をつけた瞬間から、祭りが終わるまで、一切口を聞いてはいけないと言われています。この間は、神と同じ存在でいるのです。

行列道中の御旅所(おたびしょ)では、「浦安の舞」などが舞われ、見ている人をいにしえの時代に引き戻します。

日も落ちて暗くなったころ、魚市場の御旅所では「乙女の舞」が舞われます。
魚市場での御祭事がおわり、行列は神社に折り返します。
神社近くの御旅所についた行列は神輿を休め、最後のクライマックス『流鏑馬(やぶさめ)』が行われます。
馬の背に乗り走りながらが的に向かって矢を投げます。
小学生の男の子なので、見物人達は固唾を飲んで見守ります。
この矢を手に入れた者には幸せが訪れると言われています。

「流鏑馬」が終わると、一行は一日振りに焼津神社に戻り、それぞれの役目を終えます。
ここからは野次馬も加わり、二つの神輿は境内を練り合います。まさに「東海一の荒祭」ですね。
担ぎ手がくたくたになり、祭りが終わるのは深夜です。
神輿が拝殿に納められ、ご神体が拝殿奥に戻され、皆が、それぞれの町内に帰り着く頃は夜明けも近い頃です。
昔は今のように規制もありませんでしたので、次の日まで担いでいたそうです。お祭のパワーはすごいですね。

一年に一度のお祭を通し、若者達が地元の文化に接し、町の歴史を守っていく・・
このお祭りがいつまでも、いつまでも受け継がれていく事を願います。

機会が有りましたら、是非一度「焼津荒祭り」を見にいらしてください。そして、焼津にいらしたら、さかなセンターにお立ち寄りください。自慢の「鰯はんぺん」をご用意して皆様のご来店をお待ちしております。

8月第2週は魚センター丸又本店、中央店とも営業しております。




2:おいしく食べましょう~~~~~~~~~~~~


*バーベキュー*

夏といえばバーベキュー。河原で水のせせらぎを聞きながら、また、野原で風に吹かれながら、気の合う仲間とバーべキューをしてみませんか?

クーラーボックスに沢山の飲み物、トマトやとうもろこし、お肉になどを詰めて、さあ、出掛けましょう。

お肉などは野菜と一緒に串にさし、家で下味をつけておくと、手間が省けて簡単ですよね。
トマトやきゅうりはもちろん丸かじりが一番!
氷水でキュッと冷やし、何もつけないでそのまま食べましょう。

そして、竹輪の串焼はいかがですか。
・竹輪は半分に切ります。
・ピーマンや椎茸を食べ易い大きさに切り、串にさします。
・鉄板で焦げ目がつく位焼いたらチーズ(ピザ用か溶けるチーズ)をのせチーズが溶けたらアツアツを食べましょう。バジルなどで香りをつけてもおいしいですよ。

前日にバーベキュー用のソースを用意しておくと、お肉も野菜もいろいろな味が楽しめていいですよ。

<おろし玉葱のあっさりソース>
玉葱半分
醤油大さじ4
味醂大さじ2
すだちかレモンの絞り汁大さじ4

玉葱は半分ほど細かいみじん切りにして、水にさらしのこりはおろし器ですりおろす。
水にさらした玉葱は水気を布巾などでギュッと絞りすりおろしたものと一緒に調味料と混ぜ、冷蔵庫で味を落ち着かせます。
焼いたお肉にからめて食べると風味もよく、あっさりと食べれます。

<ごま風味の和風たれ>
醤油大さじ4.5
砂糖大さじ1
味醂大さじ1
酒大さじ2
ごま油大さじ1.5
葱または白ねぎのみじん切りおろし
胡麻大さじ2
(お好みでにんにくのすりおろしを加えてもおいしいですよ)

ごまは軽く炒ってすり鉢ですります。
(市販のすりごまでもいいですよ)
葱は細かく切っておきます。
材料をすべてボールに入れよく混ぜ合わせ、容器に移し冷蔵庫に一晩いれておきましょう。

日頃残ったご飯も、小さなおにぎりにして、冷凍しておき、お醤油をつけて鉄板で焼おにぎりにしたら、楽しくて、おいしいですね。

そして、自慢の「鰯はんぺん」も、鉄板でこんがり焼いたら、なにもつけなくても、、とってもおいしいです。こんがり焦げ目のついたはんぺんは栄養たっぷりで、また食べたくなるおいしさです。





3:店長のおすすめ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


*磯の華(はな)*


いよいよ楽しみにしていた夏休みですね。昨年は冷夏の上、週末の天気も悪く、外出を控えた方が多かったようですが、ことしは暑すぎる程のお天気が続いています。

夏休み帰省をされる方、まだ夏のご挨拶が済んでない方はおみやげや、暑中お見舞いに『磯の華』はいかがでしょうか。

「磯の華」は駿河湾で獲れた、しらす、桜えびをさっと釜揚げにし、涼しげな簾(すだれ)の蓋の箱にご用意しました。
しらす、桜えびはうす塩でさっと茹で上げていますので、そのままでおいしく召し上がれます。すぐにお召し上がりでなければ冷凍保存も可能です。

下の段には自慢の鰯はんぺん、竹輪、手造りの揚げ物をセットにしました。もちろん、こちらもそのまま召し上がれます。手造り揚げ物はご注文いただいてからご用意させていただきます。この夏の人気商品です。
ぜひ、ご利用ください。
また、ご希望の方にはご予算に合わせてのご注文も承っております。お気軽にお問い合わせください。







------------------------------
HP:焼津黒はんぺん | 株式会社丸又
いわし黒はんぺんのお買い求めはこちら

株式会社丸又(直売店)
静岡県焼津市東小川1-4-3
TEL:054-620-1048
メールは24時間受付しております。
http://www.marumata.jp/contact.html
丸又市場からのお便りNo.17

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆◇◆みなさまに焼津の『元気!』をお届けします◆◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○こんにちは。丸又市場の鈴木です。

青空の大きな入道雲が広がり、公園や庭の木々から、いっせいに蝉が鳴きはじめました。
いよいよ本格的な夏の到来ですね。
あっ!そうです。先日の七夕は久しぶりに星空が見えましたね。皆様はどんな願い事をしましたか?

======目次==============================================
1:焼津下町情報<大井川・蓬莱橋>
2:おいしく食べましょう<鰯はんぺん>
3:おすすめ!です<揚げ物おためしセット>
--------------------------------------------------------------



1:焼津下町情報~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*大井川・蓬莱橋*


「しぐれけり暮れるもあはれ大井川」と、吉田絃二郎の詠んだ歌が蓬莱橋の袂(たもと)の石碑に刻まれています。
静岡県のほぼ中央を流れる「大井川」は南アルプスの赤石山脈を水源にした水質の良い河川です。

この大井川に「世界一長い歩行者専用の木造の橋・蓬莱橋(ほうらいばし)」があります。
その昔、「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と芭蕉に詠まれた通り大井川は、流れも速く、住民も旅人も川越えに苦労をしていたそうです。

明治初期、勝海舟の薦めにより、牧之原がお茶畑として開墾が始まり、両岸の行き来も多くなり、1879年(明治12年)に橋が架けられました。その後、大雨による増水などで、何度か流出し、その度に修理が繰り返されました。
現在、橋脚こそ鉄筋ですが、床部分は今でも松、欄干は杉、桧で造られています。

夏の間、河原では水遊びが出来、家族づれで賑わっています。上流では魚釣りも出来、かなり遠方からも、釣人が訪れているようですよ。

夜になると、景色は一変し、橋の両端に並べられた緑色のフットランプが対岸まで続き、幻想的な世界が広がります。
向う岸まで見えないほど遠く感じ、まるで、夜の滑走路にたたずんでいるような気がしてきます。

足元から聞こえる、水のせせらぎが涼を呼び、一層、夏の風情を感じます。

この、全長897,4メートル、幅2,7メートルの「蓬莱橋」は1997年にギネスブックに認定され、島田側にはギネスの認定の碑もおかれています。

橋の袂(たもと)には橋の番小屋があり、橋番さんに通行の代金を払います。
大人100円、小人10円です。生活の為、毎日の行き来がある方の為に一ヶ月の定期通行券もあるのですよ(歩行者800円、自転車1000円です)橋番さんも、今は16代目だそうです。
毎日、お疲れさまです。

そうです。夏は河原といえばバーベキュー!
鉄板で「鰯はんぺん」を焼けば、ビールのおつまみに最高です。
栄養たっぷりの鰯はんぺんは、夏バテ予防にもぴったりですね。

「丸又さかなセンター店」では、店内で作った出来たての「鰯はんぺん」や「揚げ物」、お魚で出来た、サラミなどバーベキューにおすすめ商品や、暑い夏のお土産のぴったりの、鮪や鰹の角煮など種類も豊富にご用意して皆様のご来店をお待ちしております。

※浜名湖花博会期中は営業時間を一時間延長し、夕方6時まで開場しております。
7月のお休みは
丸又さかなセンター本店、中央店共、14日、28日(各水曜日)とさせていただきます。

丸又本店西口近く瓦の屋根が目印です。
丸又中央店場内の真ん中に当たる場所にあります。




2:おいしく食べましょう~~~~~~~~~~~~


*鰯はんぺん*


夏のビールのおつまみといえば、枝豆と「鰯はんぺん」です。

焼津にはサッポロビールの大きな工場があります。
ビールは作られたところから近いほどおいしい、と聞きますので、ここ焼津は、ビール好きの人には、恵まれた所かもしれませんね。
でも、この暑さでは、いつも飲まない人でも、「ビールが飲みた~い」と思ってしまいますよね。

そして、おつまみにはもちろん「鰯はんぺん」です。
新鮮な鰯を骨ごと使った「鰯はんぺん」はお父さんのビールのおつまみにも、お子様のおかずにもぴったりです。

そのままを、生姜醤油や、わさび醤油であっさりと、バター焼して、仕上げにジュッとお醤油げ香りを付ければ、食欲も出てきます。

折角ですから「あっさりドレッシング」で野菜も一緒に食べましょう。

<ドレッシング>
酢大さじ2(レモン汁を使うと香りもよく、またひと味ちがいます)
塩小さじ1/2
醤油大さじ1
サラダ油大さじ4

レタス、かいわれ菜、大根おろし、もみ海苔


・レタスは適当な大きさにちぎり、大根はすりおろしておきます。
・ドレッシングの材料をボールに入れ、よく混ぜ合わせておきます。
・フライパンにバターをひき、鰯はんぺんをこんがりきつね色に焼きます。
・お皿にレタスをひき、焼きたてのはんぺんをのせ、大根おろし、かいわれ菜、もみ海苔をちらし、ドレッシングをかければ出来上がり。

時間がない方はポン酢をかけてもおいしいですよ。
夏の暑い間は栄養と睡眠をしっかりとりましょう。




3:店長のおすすめ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


*揚げ物おためしセット*


7月は七夕の月です。七夕の夜皆様はどなたと過ごしますか?
五色の短冊に願い事を書き、笹につるし、久しぶりに子供の頃に戻ってみましょうか?
星空を見ながら、食卓を囲んだり、少し、お酒など飲むのもいいですね。

七夕にちなんで、「揚げ物お試しセット」の中のチーズとコーンをちりばめた星型はんぺんが入ります。
コーンの甘みとチーズがよく合い、お子様にも人気です。
職人の手造りなので、食感も軟らかく、素材のおいしさが生かされています。

いか天、きんぴら天をはじめ、ひと口サイズの揚げボールもそのままでおいしくいただけます。
種類も豊富なので、食卓もにぎやかになりますよ。




あげものお試しセットに星型はんぺんをご希望の方は、ご注文フォームのメッセージ欄に「七夕」とお書きください


------------------------------
HP:焼津黒はんぺん | 株式会社丸又
いわし黒はんぺんのお買い求めはこちら

株式会社丸又(直売店)
静岡県焼津市東小川1-4-3
TEL:054-620-1048
メールは24時間受付しております。
http://www.marumata.jp/contact.html
1
ほんわりおでん3人前 簡単・早い・美味しい!の3拍子揃ったおでんです おさかなサラミ味 水産省長官賞受賞したおさかならサラミ味です。おつまみにも最適! 海のサラミ ソフトな新・食感!お魚のすり身でつくりました。 復刻版 モーレツ!野菜の天ぷら 魚肉すり身に野菜を加えた一口サイズのさつま揚げ! いわし入りちくわ(無リンすり身使用) 様々なメディアで紹介されています。添加物に依存せずに造っています いわしはんぺん 丸又のいわし黒はんぺんを食べた方の86.4%の方が再度購入いただいています

このアーカイブについて

このページには、2004年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年6月です。

次のアーカイブは2004年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ