2004年11月アーカイブ

1
丸又市場からのお便りNo.25


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆◇◆みなさまに焼津の『元気!』をお届けします◆◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○こんにちは。丸又市場の鈴木です。

秋の夜空にペガサスやカシオペアがきれいに見える頃になりました。晴れた日の夜、外に出て、空を見上げてみたください。素敵な星空が広がっているかもしれませんよ。


======目次==============================================
1:焼津下町情報<焼津の地酒「磯自慢」>
2:おいしく食べましょう<ごぼうと竹輪の炊き込みご飯>
3:おすすめ!です<野菜の天ぷらモーレツ>
--------------------------------------------------------------



1:焼津下町情報~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


*焼津の地酒「磯自慢」*


秋も深まり、日暮れとともに気温が下がってくると日本酒が恋しくなりますね。
焼津の地酒、といえば銘酒「磯自慢」の蔵元があります。
「磯自慢酒造」は焼津の海に面した町、鰯ヶ島(いわしがしま)というところにあります。この鰯ヶ島という地名、いかにも焼津らしいと思いませんか?
昔、焼津の海で沢山の鰯が獲れた名残りという説があります。
焼津の海で沢山の鰯が獲れたところから、当店自慢の「鰯はんぺん」も生まれたのです。

天保元年(1830年)創業という、長い伝統手法に守られた歴史ある「磯自慢酒造」(いそじまん)は現在、八代目の寺岡洋司氏によって受け継がれています。

丁度、今は蔵人達によって丁寧に仕込みが行われている最中です。

酒造りに欠かせない大事な水は焼津を流れる大井川の伏流水です。
昔、堤防も無く洪水の度に川の流れが姿を変えて、川は移動しながら、現在に至っています。その面影は地下を掘ると、川底にあるような大きな石がゴロゴロ出てくるそうです。

兵庫県産の特定されたお米「山田錦」を限界までみがき、厳選された麹と独自の酵母に南アルプスから流れてきた大井川からの水を使って仕込まれます。

そんな、厳選された素材を使い、蔵人達の手で丹精して造られた「磯自慢」はサラッとした口当たりと上品な香りが人気です。

蔵元は、八代目自らが設計した蔵で、ご自身も蔵に入り伝統を守り酒造りをする、というこだわりを持たれ、また、販売店の店主の方々との信頼関係をとても大切にされています。
そんな「酒造りへの思い」と「こだわり」から、限られたところでしか売っていないこともあり、地元でもなかなか手に入らない為、「幻の銘酒」とまでいわれています。

ところで、酒のつまみといえば、地元焼津ではやっぱり「はんぺん」ですよね。新鮮な鰯をふんだんにつかって作った「鰯はんぺん」に静岡のわさび漬を添えたり、ちょっと網で炙って、生姜醤油で食べるのもなかなかです。

焼津にお出掛けの折には東名高速道路焼津ICを出てすぐの「焼津さかなセンター」にお立ち寄りください。

瓦屋根が目印の丸又さかなセンター店では、焼津名産の「鰯はんぺん」や「手造りの揚げ物」お土産に喜ばれる角煮などをご用意して、皆様のご来店をお待ちしております。




2:おいしく食べましょう~~~~~~~~~~~~


*ごぼうと竹輪の炊き込みごはん*


牛蒡(ごぼう)は、元々、ユーラシア大陸が原産で中国に渡ってから日本に伝えられましたが、今ではすっかり日本食にも欠かせない食材です。
根菜類の中でも、特に繊維が豊富で、腸内のお掃除もしてくれる優れものです。このごぼうを使って炊き込みご飯を作ってみましょう。


◎ごぼうと竹輪の炊き込みごはん

<材料>(4人分)
お米3合
ごぼう1本
人参1/4本
竹輪2本
牛肉100g

調味料醤油大さじ3
砂糖大さじ1.5
酒大さじ1
水1/2カップ

・米は最初に洗い、ざるにあげておきます。

・ごぼうは包丁の背で皮をそぎ落とし、ささがきにして、水にさらしておきます。

・人参は3センチほどの千切りにし、竹輪は薄い輪切りにしておきます。

・鍋に水と調味料を入れ、ごぼう、人参、細かくした牛肉を加え、アクをとりながら煮、ごぼうに火が通ってきたら、一度ざるにあげます。

・炊飯器に米を移し、水加減は煮汁を加えて、丁度通常の分量になるようにしてから、先ほど煮た具と竹輪を加え炊き始めます。
(炊き込みご飯を炊くのに土鍋を使うと、更においしく炊けます)

・炊き上がったら、釜の底の方からすくうように混ぜ、少し蒸らしてからお茶碗に盛りましょう。

食べる直前にもみ海苔をかけると、香りもよく、おいしいですよ。




3:店長のおすすめ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


*野菜のてんぷら「モーレツ」*


先月より、おすすめの商品のコーナーで、今までにホームページ上でお求めいただけなかった商品を掲載することになりました。

今回は引き続き野菜のてんぷら「モーレツ」です。
この「モーレツ」は、知る人ぞ知る、人気ロングランの商品なのです。

今から30年以上も前、社長は子供達を連れて、浜名湖に潮干狩りに出掛けました。その帰り道、丁度浜松では、新物の玉葱の収穫のころで、沢山の収穫された玉葱を見ながら、「この玉葱を使っておいしい煉り製品が出来ないものか」と考え、思いついたのが、このモーレツでした。この名前もインパクトありますよね。

当時、煉り製品の中に野菜が入った物は余り無く、たっぷりの玉葱とキャベツの甘みが、大人から子供にまで人気で、地元ではおやつ代わりに食べるほどでした。

そのままで、充分おいしいのですが、おでんや煮物に入れると、ふっくらと汁を含んで、野菜の甘みが出る為、これから、ぜひ献立に加えていただきたいと思い、今回のおすすめにしてしまいました。


◎野菜の天ぷら「モーレツ」のご注文はこちら


------------------------------
HP:焼津黒はんぺん | 株式会社丸又
いわし黒はんぺんのお買い求めはこちら

株式会社丸又(直売店)
静岡県焼津市東小川1-4-3
TEL:054-620-1048
メールは24時間受付しております。
http://www.marumata.jp/contact.html
丸又市場からのお便りNo.26


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆◇◆みなさまに焼津の『元気!』をお届けします◆◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○こんにちは。丸又市場の鈴木です。

11月も下旬になると、街にはクリスマスのイルミネーションが輝き、クリスマスへのワクワクと、残り少なくなった2004年を思い、なんとなく慌しい気持ちになりますね。外では風邪も流行りはじめました。皆さん気をつけてお過ごしくださいね。


======目次==============================================
1:焼津下町情報<桜えびと広重の由比>
2:おいしく食べましょう<だんらんでアツアツおでん>
3:おすすめ!です<クリスマスのはんぺん>
--------------------------------------------------------------



1:焼津下町情報~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


*桜えびと広重の由比*


桜えびがおいしい季節ですね。
駿河湾特産の桜えびは以前にもご紹介しましたが、漁期が春と秋の2シーズンだけです。出漁が天気に大きく左右される為、漁期の中でも限られた回数しか船が出ません。

この桜えびの漁のある時が一年を通して、もっとも賑わう町が「由比(ゆい)」です。
獲れたての桜えびを干すところは、まるでピンクのじゅうたんをひいたようにきれいです。

水揚げされたばかりの桜えびは生で食べると、口の中に桜えび独特の甘みが広がり、とろけるようなおいしさです。この桜えびを天日で干すと、ぐっと風味が増し、芳ばしい香りがなんともいえません。

由比は駿河湾沿岸に面した町で、東海道五十三次の十六番目の宿場町とされていました。
丁度、今の時期は山はみかんで色づき、海は桜えび漁で賑わっています。

東海道線、由比駅から旧道沿いに25分ほど歩いたところに東海道の浮世絵で有名な歌川広重(1797~1858)の作品が展示された「東海道広重美術館」があります。
門をくぐり手入れされた庭を通ると、正面にずっしりとした展示館入り口があります。扉を開けると吹き抜けのホールに光が差し込んできます。

まず由比の歴史が紹介され、進むと東海道を行き来した旅人の持ち物などが展示されています。長い旅に必要な生活の小物が道中少しでも荷物にならないようにコンパクトまとめられ、旅人の智恵を感じさせられます。今も昔も同じですね。

同じコーナーに当時の宿場町がミニチュアで再現され大名が泊まる本陣1軒と、旅篭屋32件が沿道にひしめき、当時の様子が伺えます。

浮世絵展示コーナーでは実際に広重が描いた下絵から版画、色付けの工程が順序よく展示、とても解かり易く説明されています。
浮世絵が世界で認められる素晴らしい工芸だということが納得させられます。

江戸から始まる東海道を描いた浮世絵の細かな描写に当時の庶民の生活が垣間見え、見ている人はその場所に引き込まれてしまいそうです。

薩田峠からのぞむ富士山の絵も有名で、ここから眺める富士山の姿に、旅人の心も癒されていたのだと思います。

帰りにはホール横で浮世絵の簡単体験も出来ます。
出来ている下絵に色をのせ、ばれんでこする簡単な方法なはずですが、不器用な私は余り上手く出来ませんでした。
秋の桜えび漁は12月初旬までです。ぜひ、お出掛けください。




2:おいしく食べましょう~~~~~~~~~~~~


*「だんらん」でアツアツおでん*


夜になると急に気温が下がってきて、なんとなく、あたたかいものが食べたくなりますね。
これから暮れに向かって忙しくなる方が多いと思います。そんな時大きなお鍋で沢山のおでんを作りませんか?おでんは栄養もとれて、次の日にも味がしみこんでおいしく食べれます。

大根、じゃがいも、厚揚げ、たまご、さつま揚げに竹輪、そして忘れてならない鰯はんぺん。
これがないと焼津おでんは始まりません。
おすすめの「だんらん」は当店のお歳暮の人気?1なのです。ご自宅用として、いまの季節の贈答品としてもおすすめです。

おでんはご家庭によって中身も味付けも違います。
きっと、子供の頃から慣れ親しんだ味が一番おいしいと思いますが‥よろしければ一度、当店自慢の「鰯はんぺん」を仲間に入れてみてください。
季節の詰め合わせ「だんらん」には
鰯はんぺん、竹輪の他、職人の手で丁寧に作ったえび巻き、うずら天、いか下足揚げなど、味も形も楽しいものが詰め合わせになっています。


◎おでん

<材料>(4人分)

大根1/3本
じゃがいも3個
こんにゃく小1袋
厚揚げ小1枚
ゆで卵4個
昆布
「だんらん」
鰯はんぺん、さつまあげ、えび巻き、うずら天、竹輪など

おでんのお出しは鰹節や、昆布、鳥肉や牛筋などさまざまです。今回は皆様のお宅の作り方でお好みの材料に鰯はんぺんをいれて作ってみて下さい。
※「焼津おでん」の作り方はメールマガジン7号でご覧いただけます。

沢山作ったおでんを大勢で食べれば、これから来る寒さも元気で過ごせそうですよ。




◎焼津おでんの作り方メールマガジン7号をご覧になるにはこちら

3:店長のおすすめ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


*クリスマスのはんぺんセット*


クリスマスにご家族やお友達と一緒にホームパーティを予定されている方、食卓にこんな楽しいクリスマスのはんぺんはいかがですか?
上等のすり身を使って造った「もみの木」「星」「長靴」「ベル」「雪だるま」など、かわいくて、食べてしまうのがおしいほどです。

昨年も直売店で限定販売したのですが、とても好評で、今回はじめて丸又市場での販売になりました。

でも、一つひとつ手造りなので、限定で30セットだけの販売になります。ごめんなさい。

クリスマスセット
・もみの木青海苔の風味
・ベルコーンがいっぱい
・長靴桜えびのかわいいピンク
・星つぶつぶチーズがいっぱい
・サンタプレーンな蒲鉾です

どれも保存料、着色料など使わずに職人がクリスマスの為に思いを込めて手造りでご用意します。
揚げてありますので、そのままでおいしく召し上がれます。
お届け日は12月23、24の二日間のどちらかのご希望になります。また、終了になり次第締め切らせていただきます。


◎クリスマスのはんぺんセットのご注文はこちら



------------------------------
HP:焼津黒はんぺん | 株式会社丸又
いわし黒はんぺんのお買い求めはこちら

株式会社丸又(直売店)
静岡県焼津市東小川1-4-3
TEL:054-620-1048
メールは24時間受付しております。
http://www.marumata.jp/contact.html
1
ほんわりおでん3人前 簡単・早い・美味しい!の3拍子揃ったおでんです おさかなサラミ味 水産省長官賞受賞したおさかならサラミ味です。おつまみにも最適! 海のサラミ ソフトな新・食感!お魚のすり身でつくりました。 復刻版 モーレツ!野菜の天ぷら 魚肉すり身に野菜を加えた一口サイズのさつま揚げ! いわし入りちくわ(無リンすり身使用) 様々なメディアで紹介されています。添加物に依存せずに造っています いわしはんぺん 丸又のいわし黒はんぺんを食べた方の86.4%の方が再度購入いただいています

このアーカイブについて

このページには、2004年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年10月です。

次のアーカイブは2004年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ