2005年1月アーカイブ

1
丸又市場からのお便りNo.29

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆◇◆みなさまに焼津の『元気!』をお届けします◆◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○お元気ですか?丸又市場の鈴木です。

まだまだ寒い日が続いていますが、立春もすぐそこですね。庭の姫水木やもみじの木にも新芽が出てきました。生命の誕生のようで、なんとなく気持ちが明るくなってきます。
そして2月3日は節分です。今年も皆さんに沢山の福が来ますようお祈りしています。

======目次==============================================
1:焼津下町情報<花鳥園>
2:おいしく食べましょう<鰯つみれのお鍋>
3:おすすめ!です<鰯と桜えび入り鱈のすりみセット>
--------------------------------------------------------------



1:焼津下町情報~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今年は酉(とり)年ですね。この「酉」という字にもいろいろな由来があるようです。今回は「とり」を身近に感じ、楽しめる掛川「花鳥園」をご案内します。

「花鳥園」は車で東名高速道路、掛川インターチェンジを出て、西に5分程のところにがあります。
この「花鳥園」では温室のような建物の中で、きれいな花々に囲まれながら、いろいろ鳥を見ることが出来ます。

大きな木造の建物の入り口を入るとすぐに「フクロウ」が迎えてくれます。
まず、最初に「フクロウ」の種類の多さに驚きます。
フクロウというと、暗い森の中で、じっと木に止まっているイメージですが、その思いはガラリと変わってしまいます。そう、ふくろうは「幸福の鳥」とか、「智恵の鳥」ともいわれています。

何種類ものフクロウ達はみんな、とてもかわいい目をしていて、木の枝に止まっています。ふわっとした毛に包まれて、ガラス越しに見ているお客さん達を、首をかしげながら見ています。

愛嬌がありやさしい顔をしたフクロウ、顔からお腹にかけてきれいな白い毛におおわれた、おしゃれなメンフクロウ、手の平に乗る程のかわいいサバミミズクにインドオコノハズク、グレーの毛におおわれ貫禄のクロワシミミズクなど約28種類もの「ふくろう」を見ることが出来ます。

園内に入るとすぐの池には、まるで日本画に出てくるような「おしどり」。あひるや鴨などの水鳥、ペンギンの姿も見られます。園内で売っている餌をあげるといっせいに寄ってきますよ。

温室の中では、トランペットのような形の花をつけた何種類もの熱帯植物に、黄色い大きなくちばしを持った「オニオオハシ」や「クリハシオオハシ」が何羽も止まり、餌の果物をねだって、腕や肩に飛んできます。最初は驚きますが、とても人に慣れていて、差し出した餌を上手に食べます。

この他、鮮やかな緑の毛の「オオハナインコ」や羽を広げると2メートルほどになる「インドクジャク」色とりどりのきれいな「インコ」など、まるで、南国にいるような気分です。

温室中央の大きな池には「アメリカンビューティ」「ジュノー」などの沢山の種類の熱帯性すいれんが見事に花をさかせています。すいれんの葉の影にはメダカやグッピー、きれいな熱帯魚がたわむれているのも見れますよ。

温室の外は、沢山の水鳥がいる大きな池があり、白鳥が羽ばたく姿も見ることができます。
そして、その横にはエミュー牧場です。大人の身長ほどあるエミューに餌をあげるのは、少し勇気がいりますが、餌を差し出すと上手にすばやく食べますよ。ぜひ、体験してみてください。ただ、子供にとっては、エミューが大きすぎて、驚いて大泣きしている子もいましたが・・

きれいな花々をゆっくりみながら、鳥と楽しむと半日では足りないほどです。子供たちはもちろん、大人も充分に楽しめます。是非一度、お出掛けください。

お車で東名高速道路を上りで帰られる方は、焼津インターチェンジを下りてすぐの「焼津さかなセンター」にお立ち寄りください。
丸又さかなセンター店では、出来立ての「鰯はんぺん」、手造りの「揚げ物」、お土産に人気の「角煮」などをご用意して、皆様のご来場をお待ちしております。



2:おいしく食べましょう~~~~~~~~~~~~


*鰯つみれのあったかお鍋*


寒い夜は「お鍋料理」が一番ですね。
お鍋に入れる素材はなんでもOKです。
週に一度位、冷蔵庫の中を整理するつもりで、手持ちの材料を使ってお鍋料理をしてみましょう。
冷蔵庫に野菜はあるけど、他に何を、と悩んだ時もお魚のすりみがあれば、お出しも出て、手軽にお鍋料理が出来ます。
すりみは、冷凍保存も出来ますので重宝ですよね。

今夜はお鍋料理にしようと思ったら、まず、大きなお鍋にお水をいれ、出し昆布をつけておきましょう。夕方、使う頃には、磯の香りのする昆布だしが出ていますよ。


◎鰯つみれのあったかお鍋

<材料>
野菜(白菜、春菊、白葱、椎茸など)
豆腐
調味料(酒、塩)
鰯のすりみ

・野菜はそれぞれ水洗いして、適当な大きさに切って水洗いしておきます。

・出し昆布をつけておいた鍋を火にかけ、白菜の芯の部分から入れ、少し火が通ってきたら、他の野菜を加えます。

・鍋が沸騰してきたら、すりみをスプーンですくっていれます。プクーと膨らんで浮いてきたら出来上がりです。箸ではさんで弾力を感じたら火が通っています。塩と酒で味を調えたら出来上がりです。
たっぷりのお出しと一緒にいただきましょう。

すりみからも旨みが出てますので、そのままでいただけますが、ポン酢や味噌を加え味噌仕立てにしてもおいしいですよ。

体を芯から温めて、残りの冬を元気で乗り切りましょう。



3:店長のおすすめ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


*鰯と桜えび入り鱈のすりみ*


「おいしく食べましょう」お鍋料理に使った「鰯のすりみ」と「桜えびの入った鱈のすりみ」をセットにしました。

「鰯すりみ」も「桜えび入り鱈すりみ」も味がついているので、そのまま使えます。冷凍保存もできますので小分けして冷凍しておくと、便利ですよ。

お鍋料理にはもちろん、フライパンに油をひいて、こんがり焼いてもおいしいです。また、一口大にスプーンで分け、油で揚げると、おつまみにもお弁当のおかずにもおすすめです。揚げたてをフーフーしながら食べるのもいいですね。





------------------------------
HP:焼津黒はんぺん | 株式会社丸又
いわし黒はんぺんのお買い求めはこちら

株式会社丸又(直売店)
静岡県焼津市東小川1-4-3
TEL:054-620-1048
メールは24時間受付しております。
http://www.marumata.jp/contact.html
丸又市場からのお便りNo.28


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆◇◆みなさまに焼津の『元気!』をお届けします◆◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○新年明けましておめでとうございます。
丸又市場の鈴木です。

2005年、いよいよ新しい年が始まりました。
「一年の計は元旦にあり」と、昔から言われていますが、皆様はどんな新年を迎えられましたか?
新年にあたり、気持ちを新たにして、大きな目標に向かってがんばりましょう。

======目次==============================================
1:焼津下町情報<お雑煮>
2:おいしく食べましょう<白菜の煮びたし>
3:おすすめ!です<鮪大角煮>
--------------------------------------------------------------



1:焼津下町情報~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


皆さん、お正月はどちらで迎えられましたか?
元旦といえば、おせち料理とお雑煮ですね。
「雑煮」の語源は「煮雑(にまぜ)」からきています。
沢山の具、お餅、大根や里芋などの野菜、昆布やじゃこなどを一緒に混ぜて煮たところから来ているそうです。

この「お雑煮」、その土地柄によって、また家々によっても、作り方、中に入れる具、出し汁のとり方までが驚くほど違うのです。

現代、お雑煮はお正月に食べるものになっていますが、江戸時代の頃はお正月に限らず食べていたようで、町家と武家、その地位によってもお雑煮の内容が違っていたそうです。

「お雑煮」の主役「お餅」もその土地によって丸餅角餅と形が違い、焼いてお椀に入れたり、生のものを煮たり、と様々です。
不思議なことに日本海側は石川県、太平洋側は滋賀県を境に西が丸餅、東が角餅とわかれているようです。

そして、出し汁はもっと様々です。
私の住む町、焼津では昔から鰹節の産地でもあったこともあり鰹だしが主で、昆布だしが加わった醤油味のすまし出しです。

新潟もすまし出しのようですが、お餅の上に鮭やいくらがのった豪華版のようです。
京都では白味噌仕立て、島根では小豆の入ったぜんざい風、徳島の祖谷地方の「お雑煮」は里芋とお豆腐がお椀の中に山盛りになった、お餅の入っていないお雑煮だそうです。

子供の頃から食べ慣れた「お雑煮」が一番美味しいと思えるのですが、機会があったら、日本中のお雑煮を食べ歩いて見るのも楽しいですね。

どこの「お雑煮」もその土地の産物を上手に生かし受け継がれているようです。
「お雑煮」によって日本の食文化の奥の深さを感じました。
あなたの住む町に伝わる食べ物を、もう一度見直してみませんか?

丸又市場では、ここ焼津に古くから伝わる伝統の味「鰯はんぺん」を、一人でも多くの方に知っていただきお召し上がりいただけるよう、今年も頑張っていきたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。




2:おいしく食べましょう~~~~~~~~~~~~


*白菜の煮びたし*


今では冬の代表的な野菜の一つですが、日本では明治8年頃から栽培が始まったそうです。
ビタミンCが多く含まれ、カリウムや鉄分も含まれていますから、女性にはうれしい野菜ですね。

漬物にはもちろん、お鍋料理や炒め物にも使える冬の万能野菜ですね。
火を通すと量が少なくなりますから、沢山使って栄養を摂りましょう。

◎白菜の煮びたし

<材料>
白菜1/4個
干椎茸2枚
竹輪2本
油揚げ1枚

調味料だし1.5カップ
味醂大さじ2
醤油大さじ1
砂糖小さじ1/2
塩少々

・干椎茸は、お水でもどしておきます。

・白菜は1枚づつはがして、芯の方は削ぎ切り、葉の部分は3cm幅位に切っておきます。

・油揚げは湯通しをして、食べ易い大きさに切っておきます。

・お鍋にサラダ油を熱し、水に戻して、薄くきった干椎茸と白菜の白い部分、輪切りにした竹輪を加え炒めます。

・白菜に火が通ってきたら、葉の部分と油揚げを加え、出し汁と調味料を鍋にいれ、5分程煮ます。(出し汁には椎茸の戻し汁を加えると風味がいいですよ)

白菜がしんなりしてきたら出来上がりです。お汁と一緒にたっぷりいただきましょう。
食べる時、ぽん酢を少し落としてもおいしいですよ。

季節の野菜は身体に元気を与えてくれます。いろいろなお料理でたくさん食べましょう。




3:店長のおすすめ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


*鮪大角煮*


このお正月、さかなセンターのお店で「お年賀」のおつかいものに人気?1だったのが「鮪の角煮」でした。

柔らかく炊き上げた「鮪大角煮」はお子様から、ご年配の方にまで人気で、遠くは海外へのお土産にもお使いいただきました。

鮪の持つ旨みが充分に引き出され、ご飯のおかずにも、お酒のおつまみにもおすすめです。
真空包装になってますので、開封前は常温で3ヶ月ほど日持ちもします。

不意のお客様のおもてなしやお土産にも便利なひと品ですね。

姉妹品の鰹の旨みが生かされた「鰹焼津煮」や「あさり焼津煮」もおすすめです。
ご家庭用のパックもご用意しました。ぜひ一度お試しください。




------------------------------
HP:焼津黒はんぺん | 株式会社丸又
いわし黒はんぺんのお買い求めはこちら

株式会社丸又(直売店)
静岡県焼津市東小川1-4-3
TEL:054-620-1048
メールは24時間受付しております。
http://www.marumata.jp/contact.html
1
ほんわりおでん3人前 簡単・早い・美味しい!の3拍子揃ったおでんです おさかなサラミ味 水産省長官賞受賞したおさかならサラミ味です。おつまみにも最適! 海のサラミ ソフトな新・食感!お魚のすり身でつくりました。 復刻版 モーレツ!野菜の天ぷら 魚肉すり身に野菜を加えた一口サイズのさつま揚げ! いわし入りちくわ(無リンすり身使用) 様々なメディアで紹介されています。添加物に依存せずに造っています いわしはんぺん 丸又のいわし黒はんぺんを食べた方の86.4%の方が再度購入いただいています

このアーカイブについて

このページには、2005年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年12月です。

次のアーカイブは2005年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ